TOP

テレスコープ義歯・歯科の治療症例

クリニカル・コーディネーターにメールで問合せ
太田歯科医院
太田歯科医院

症例

症例の紹介

下の左右の奥歯のない患者様にドイツ式テレスコープの治療を行った例

治療前は金属のバネのついた入れ歯を入れておられました。
金属のバネが目立つことと、バネをかけた歯が順番に抜けてしまってお困りでした。
残っている6本の歯を削ってドイツ式テレスコープ義歯を製作しました。
今までは左右の2本で義歯の力を支えていたものが、前歯6本で支える構造になったことと、6本の歯が連結されたために歯に対する負担が減り、バネの入れ歯に比べて歯を支える骨に対する負担も少ないため、残った歯を守る構造になりました。

  • 緑川before
  • 矢印
  • 緑川after
下の前歯6本、上の歯は7本がなくブリッジの施術がされていた患者様の例

上下の残っている歯がそれぞれ半分程度しかなく、奥歯のブリッジも崩れて来ていました。
奥歯がなくなってくると、食事もうまく咬めなくなりお困りでした。
残っている歯を今後守って行くためには、一部分に力が集中しないような設計が必要でした。
上下とも、残っている歯全てを使用したドイツ式テレスコープ義歯を製作しました。

  • 神崎before
  • 矢印
  • 神崎after
上下とも残っている歯が少なく上の入れ歯は不安定で、
下の入れ歯は合わなくて困っておられたケース

上の入れ歯は残っている歯が少なくなると、地球の引力に引かれて落ちようとする入れ歯を、バネの力で支えることが難しくなります。残っている歯に対する力の負担も大き過ぎ、歯には常に抜かれるような力がかかってしまいます。そこで上あご全体を覆い、義歯が吸い付くことで安定する設計をしました。
下の歯も、残っている歯の状態が良くなかったため、全ての歯を支えとして義歯を製作しました。残っている歯が今後悪くなることがあっても、将来新たに作り直しをしなくても良いような設計となっています。

  • 板垣before
  • 矢印
  • 板垣after
左上の奥歯3本がなくなっていてドイツ式テレスコープ義歯で治療した例

右上の奥歯を抜いてしまった部分の義歯を支えるために、その手前の歯2本を使用しています。たった2本の歯で義歯を支えるためには、被せる歯の角度や奥歯のかみ合わせの設定が重要になってきます。

  • 藤井before
  • 矢印
  • 藤井after
右下の奥歯2本がなくなっていてドイツ式テレスコープ義歯で治療した例

奥歯2本がなくなって片側でテレスコープ義歯を支える場合、残っている歯の周囲の骨が十分に残っている場合は、義歯を支えるご自分の歯は2本で設計することがほとんどですが、この写真の治療では歯周病で歯を支える骨が少なくなっていたために手前の歯を3本支えとして使用しています。

  • 長谷川before
  • 矢印
  • 長谷川after
相談申込み・来院お申込みお電話診療時間
歯に関するのお悩みどんなことでもお気軽にお電話ください。
クリニカルコーディネーターにメールで問合せ
このページの先頭へ
  • お問い合わせお問い合わせ無料相談について
  • TOPページ
  • ドイツ式特殊義歯「テレスコープ」とは?
  • 太田歯科医院が選ばれる理由
  • インプラントとの違い
  • 普通の入れ歯との違い
  • 診療の流れ
  • 費用と症例
  • 医院のご案内
  • 院長あいさつ
  • メディア掲載
  • 営業時間店舗へのアクセス
  • 太田歯科医院一般治療ホームページ

太田歯科医院 東京都巣鴨

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-36-10
TEL :03-3943-8109 FAX :03-3943-4846

【診療時間】
休診:木曜、水曜午後、日曜、祝日
診療時間:午前9:30~12:00
     午後14:30~17:30
     (土曜のみ14:30~16:30)

太田歯科医院東京都巣鴨

Copyright © 2013 Ohta Dental Clinic All rights reserved